前へ
次へ

ネット通販ならではの機能

例えば、実店舗では目玉商品や新着物が入荷しました、という謳い文句でお客さんを呼び込むでしょう。
店舗の入り口に並べることにより、集客に利用ができます。
デッドスペースまで消費者を招き入れる動線も凝らしています。
それが難しいのがネット業界で、関連商品をビジュアル的に並べて、消費者の購買意欲を刺激するビジュアルマーチャンダイジングなどを取り入れることは難しいでしょう。
検索ワードにヒットすること、まずは新規顧客獲得には知ってもらうことも必要です。
ネット通販となれば、バーチャル店舗です。
巡回路もないですし、リアル店舗のような常識は通用しないのではないでしょうか。
そこで重視すべきことは、レコメンデーション(推奨)機能だともいわれています。
一般の消費者にはクエスチョンマークがつくであろうワードですが、これはサイトに消費者が辿り着くと、まず、現在の売れ筋商品というトップページにおける紹介をします。
クレジットによる決済が終わると、『この商品を購入したユーザーは次のような商品も購入しています』という関連商品群のラインナップが登場するわけです。
ここまで説明すれば、ネット通販利用者ならピンとくるはずで、デッドスペースまで招き入れずに購買意欲がさらに高まる仕掛けです。

Page Top